Home Page > 梅乃瀬 > 
    Home Page   窯元トップページ   窯元プロフィール   商品1   商品2   商品3
 絵付けはシンプル&モダン
絵付けはシンプル&モダン… しかし たった一本の線でも土と呉須を合わせたものを、あらかじめ彫った線に埋め込み削る、「象嵌(がん)」という技法をとっています。
また、神経を注いでいる事の一つは釉薬です。 カタ灰釉(樫・ナラなどの硬い木の灰)を使い、深みのある肌合いに焼き上げています。
そして、もちろん土にもこだわり、砥部磁器の原土に近い土を使用した作品もあります。 磁器ながら土物のあたたかい雰囲気が出るのが特徴です。
頭の中でのヒラメキ、紙にそれを描く時のワクワク。そして実際に”やきもの”として表現し初めての作品が窯から出るときのドキドキ!この一連の流れは何回体験しても新鮮な喜びです。
プロとしての理想と現実、その辺をうまく絡み合わせ、息長く愛される作品を作ることができたら・・・そして、脇役ながらもしっかりとした存在感のある器を作りたい!と日々の仕事に打ち込むこの頃です。

 
Copyright(C) Tobeyaki Kamamoto Daizensyu All Rights Reserved